九州ブロック商工会女性部 交流研修会

平成26年7月23日、台風の影響による延期があったものの、九州各県より793名(うち沖縄県43名)の女性部員の参加のもと、長崎市所在の「ホテルニュー長崎」を会場に、九州ブロック商工会女性部交流研修会が盛大に開催されました。

主張発表大会では、糸満市商工会女性部監事の大城好江さんが『女性部活動に参加して ~ダンスパーティー事業をとおして~』をテーマに、県代表として堂々と発表し、事業を続けることの大切さを学んだ活動内容の主張を繰り広げ優秀賞をいただきました。

2日目の研修会では『夢持ち続け 日々精進』をテーマに㈱ジャパネットたかた 代表取締役社長 高田 明 氏の苦労した体験談を交えた講演があり、成功ストーリーに参加者は真剣に耳を傾けていました。

また、全女性連 まち(地域)づくり顕彰では、沖縄そばで町ぐるみの活性化を実施した本部町商工会女性部が顕彰され、林 麗子九女性連会長の「本部町は思い出深い地の一つである」との言葉に、宇根 冨美子部長は思わず涙して表彰を受ける場面がありました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。