令和四年の新春を迎え、謹んで新年のご挨拶を申し上げます。
 旧年中は、商工会女性部連合会に格別なるご支援ご協力を賜り厚く御礼申し上げます。
 さて、昨年も新型コロナウイルス感染症拡大の影響が続いたことで、県内の景気は急速に悪化し、これまで以上に景気回復に向けた努力をしていかなければならない状況が続いております。
 例年でしたら、九州大会、全国大会等県外研修も開催されるところでありますが、感染防止の観点から余儀なく縮小され、延期されるイベントが多くありました。
 この様な状況の中でも商工会女性部は、更なる資質の向上と自己研鑽を目指し、感染防止に十分留意しながら事業を実施して参りました。
 十二月には、県内各地より八十名余りの女性部員が恩納村に一堂に会したトップセミナーを開催することができました。
アフターコロナの時代の環境の変化を生き抜くための中小・小規模事業者のリノベーションによる経営の取り組み方について学び、また、地域活性化のヒントや持続可能な地域社会の在り方など沢山の学びがありました。
また、ITセミナーの開催を通してWEB会議の手法を学び、WEB会議をスムーズに開催でき、女性部も時代の変化に対応したITスキルの向上を図ることができました。
 また、ここ数年全国各地で頻発する自然災害に対し、女性部ネットワークを活かした、全国統一災害対策積立基金事業により、義援金を活用した被災地の女性部への支援活動を実施しております。
 結びとなりますが、本年も商工会女性部は、女性らしい感性を活かした事業で、地域経済の発展と社会一般の福祉の増進に取組み、豊かなまちづくりの担い手として勤めてまいります。
女性部員の更なる飛躍とご多幸を祈念申し上げ、新春の挨拶とさせて頂きます。

     令和四年 元旦

沖縄県商工会女性部連合会
会長  仲間 綾子