JavaScriptをオンして閲覧ください。

 ›  › 有限会社 大城織物工場

百年企業物語

有限会社 大城織物工場

ooshiroorimonokougyou_00

企業紹介

沖縄県の伝統工芸品に指定されている『琉球絣(かすり)』。かつては沖縄で織られている絣柄を総称していましたが、今では南風原産地で織られる絣織物を特に称します。
大正の頃までは、那覇市の泊や小禄などが盛んな地域でしたが、現在は南風原町が主な産地となり、製品も多種多様なものが織られています。

そもそも絣とは織物技法の一つであり、染め上げた糸を巧みに組み合わせて織り上げ文様を表すものです。その中でも琉球絣は約600種という多様な図柄を持っているのが大きな特徴の一つです。

今回は、その琉球絣の伝統技術を代々引き継ぎ、創業135年となる(有)大城織物工場の代表者である大城哲(さとる)氏を訪ねて、これまでの歴史とこれからの琉球絣についてお話を伺いました。

創業から現在までの会社の状況

(有)大城織物工場は明治12年(1879年)に曾祖母が20歳で創立して以来、家業として代々引き継がれ現代表者で5代目を数えます。
琉球絣の生産は産地分業体制で絣くくり、染色、製織、洗濯の部門に分かれて行われおり、当社では糸に色を付けて揃えるまでを手掛けています。

大城さんの祖母・カメさんは新しい琉球絣の製作に力を注ぎ「現代の名工」に選ばれ高い評価と人気を得ました。その結果、4代目で大城さんの父・清栄さんの時代には県外販路を広げ、本土の問屋を販売先とした量産体制となり、バブル期には織子さん100名を抱えるほどに工場は成長しました。

事業承継に関すること

大城さんが家業を継いだのは平成2年(1990年)、父が病に倒れたのをきっかけに本土での勤めを辞めて帰郷。その後、父の他界により事業を引き継ぎましたが、急な事業承継であり、当初はどれだけ売れているか把握するため反物の在庫を確認することから初めました。また、技術習得に関しては当時の県工芸指導所や自社職人からサポートを受けるなど、とても助けられたとのことです。

織物への思い

祖母も当時から良い製品作りにこだわっており「手を抜かず良いもの作りに努める事」を常に口にしていました。この言葉は経営上伝承されており当社の経営理念のような存在となっています。今では周りと同じ製品は作らないように少量生産に切り替え、また、展示販売会場へ自ら参加して、商品の説明やお客様のお声を聞くことを心がけ、お客様が求める織物作りに徹しております。その成果として手間はかかりますが横糸を工夫した反物を開発し、暑い時期にも着心地のよい夏用の反物も手がけております。

南風原織物の歴史

南風原ではもともと織る技術があり、絣を作る技法は那覇市から伝わり、現在に至るようです。戦前は糸を買うこともできないので芭蕉から糸をとり、畑仕事用の着物を作る反物を作っていました。芭蕉の糸で作った当時の着物は繊維の質が硬く、襟元などは擦り傷ができるほど硬い布で、今の反物とは程遠い品物だったようです。また、戦後の何もかも失った時には、絣や反物を作ることからではなく、生活に必要な衣類や豆腐を作ったりするときに使う袋などを、当時軍が使用していたパラシュートの払い下げ品から糸を解いて、作っていたころもあったようです。

絣を使った商品

お客さんとコミュニケーションの場所として、国際通りの松尾に直売店の「おおき屋」をかまえています。当店は琉球絣を専門とした沖縄工芸セレクトショップとして、反物をはじめ、かりゆしウェアー、ハンドバック、巾着袋、ネクタイや名刺入れ、更にのれんや座布団など普段使いの衣類から贈答品まで、幅広い絣柄を主とした商品を準備しています。皆様に支えられ昨年の11月で50周年を迎えることができました。

次の世代への技術承継については

琉球絣産業(業界?)では後継者不足も深刻な問題となっていることから、琉球絣事業協同組合では技法承継のために数年前から後継者育成事業も行われております。
大城さんによれば、後継者については正直なところまだ決まっていないとのことでした。とは言え、沖縄の誇る琉球絣の伝統工芸技術を次世代へ継承することは自身の大切な役割でもあると考えているため、絣を作りたいと思う人がいれば継承しても良いと今は考えているようです。伝統工芸ならではの技術継承や後継者育成、時代に受け入れられる製品づくりなど課題は山積しているが、「今が踏ん張り時!」と力強く答える大城さんからは、130年余りに渡り連綿と受け継がれてきた技術者としてのDNAと、祖母から受け継がれてきた「手を抜かず良いもの作りに努める事」への熱い想いが伝わってきました。

南風原町商工会の伊波局長南風原町商工会の伊波局長、荻堂SVへ琉球絣について熱く語る大城社長
おおき屋国際通りで50周年を迎えた老舗「おおき屋」、反物やネクタイ、バックなど贈答品に最適な商品があります。
琉球絣
直売店に飾られる琉球絣           琉球絣のネクタイやハンドバック

琉球絣
琉球絣の巾着袋やお手玉のほか藍染のかりゆしウェアーやTシャツ、バックなどもございます。


« »

関連のある記事

  1. 北谷長老酒造工場 株式会社
  2. 合名会社 新里酒造